ごみ収集ビジネスを有効活用する

ごみ処理をビジネスとするには

ごみの定義は意外と簡単ではありません。
たとえば、その人にとって不要なものはごみとなりますが、すべての人にとって不要な物もあれば、別の人が中古品としてでも使用を望む物もあります。
また、再処理することにより、同種や全く別の物の材料になることもあります。
さらには、産業廃棄物のようにその廃棄が法律で厳しく定められているものもあります。
それぞれの種類によりビジネスとしてかかわることのできる局面は異なります。
ここでは、私たちに身近な生ごみに関するビジネスについて説明します。
近年、地球環境を守る観点からエコが叫ばれており、極力、不要物を出さない、再使用、再利用することが推奨されています。
これに着目して、各電機メーカーやベンチャー企業などが生ごみ処理機の開発・販売に乗り出しています。
この処理機は、基本的に乾燥させ減量する方式と、微生物により、分解促進させる方式、さらには両方を組み合わせた方式があります。
なお、堆肥化することを想定した場合は、後者の方式が望ましいことになります。

ごみ収集ビジネスを有効活用する

最近では、自治体のごみ処理にかかるコストを下げる目的もあって、分別が細かくなってきています。
有効にリサイクルする為というもっともな言い分を出されては、こちらも閉口するしかありませんが、もう少し楽な方法はないだろうかと思う人も多いのではないでしょうか。
そんな時にはごみ収集をビジネスにしている人々。
つまりリサイクル業者を有効に活用してみてはどうでしょうか。
リサイクル業者は、リサイクル可能であったり、資源になるごみを収集してくれますが、事前に状況を説明すれば、比較的寛容に受け取ってもらえます。
さらに、わずかではありますが、対価を支払ってくれる場合もあるので、お得といえます。
ただ、個人宅だけでの収集なら量も少なく、わざわざ収集に出向いてくれる業者側にとってのメリットは少ないので、戸建の場合は、近所の家であったり、マンション住まいであれば、管理組合を経由して同じマンションの住人であったり、多くの人を巻き込むことで業者側にメリットを持たせ、お互いに良い関係を持つことができるでしょう。
捨てる神あれば、拾う神ありとはよく言ったものですが、有効活用することで、負担を減らすのもよいでしょう。

check

犬が餌を食べない原因と処置

2017/11/30 更新